FC2ブログ

りーの日記

愛猫りーの日記。 18歳11ヶ月で空に帰った愛するりー。 楽しい思い出、お外のにゃんこのことなど語っています。のらねこシモンたんがうちのコになりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 猫ブログへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

近況報告


どうもお久しぶりです。
やっと動き始めた我が家ですが、ブログの更新は止まっておりました。^_^;
仕事の勤務体系が変更になったりでちょっとブログを書く余裕がありませんでした。
シモンちゃん、今が一番日に日に変わっていく可愛い盛りなのに...
それとちょっとドジッってしまい、足の指を骨折してしまった事もあったりで...
ポッキリいかずヒビが入った程度だったのですがかばって歩くので全身に負担がかかって帰って来るとどっぷりと疲れてしまって...(>_<)
今は固定も取れたのでそれ程負担も無く、じき治りそうです。

一つ前の記事で「チビキジちゃんは貰ってあげられないのですか?」との
コメントをいただきました。
この言葉を見た時、正直「ああ、ついに来たか...」との思いでした。
私の中でずっと葛藤していた、いや今でもしている問題。
更にはこのブログに以前から遊びに来てくださっている方のほとんどが同じ思いであるだろうと想像していたし、興味事だと思います。
なので...ちょっと今現在の私の気持ちを少し語ります。


シモンたんはすくすくと育っております。(^^)


ばんにゃ~い!!


ちょい変顔?(^^)





長いので興味ある方だけどうぞ。(^^)


にほんブログ村 猫ブログへ



チビキジちゃんとはりーが亡くなって心のよりどころを無くして精神的に辛かった頃、偶然出会いました。
他の猫に比べて初めから飛びぬけて人懐っこくて柄もどこかりーたん寄り、と言う事で通うたびに気になる存在でした。
少しでも元気がないと心配になり、一度は衝動的に連れ帰ろうとしたこともあります。
でも、そのときは一刻を争う状態ではなかったこと、衝動的だったためキャリーなどの用意がなく安全に連れ帰るのが困難だったこと。
抱きかかえ歩いた時点で本猫に少し不審感を持たれた事。
などから断念しました。
猫はまた飼いたいけれど現実的な問題として私はいい年の独身で父親と二人暮らし。
猫を生涯面倒見るには約20年見すえなければいけません。
父親も20年後といえば相当な高齢になる。当然私も...。
介護などの問題ももしかしたら出て来ないともいいきれない。
今現在でさえも私の収入面などはとても満足の行くものではない。

猫を飼うにはお金も手間もかかります。
りーの事があって万が一何かあった時に経済面で治療の選択肢が狭められてしまう事の辛さを思い知りました。
同じ思いは二度とさせたくないししたくない。

そんな思いもあって今うちに来たところで生涯幸せにしてあげられるという絶対的自信が持てなかったのです。それでも常に気にはなっていて、でもそれは単にりーの代わりが欲しいだけではないか?そんな身代わりにただ連れて来られてもチビキジちゃんは幸せではないのではないか?
それに万が一何か重大な病気を持っていた場合責任を持って治療できるのか?
あまりにもりーの記憶がまだ鮮明すぎて臆病になっていました。

チビキジちゃんはとても人懐っこく私以外の人にもとても可愛がられており、ある人は毎日何時間も膝の上に抱えていたりして
チビキジちゃんも膝の上でだらり~んと安心し伸びきっていました。
一緒にいた方にも「そんなに毎日来てるなら連れて行けばいいのに...」と言われているのも聞きました。
その方もまんざらではなさそうで、もしかしたらあの方が幸せにしてくれるかも?と思ったりもしました。

我が家と言えば、りーを約18年もの間飼ってきた訳ですが実を言えばペット不可の住宅。
とはいえ内緒で飼っているお宅も多数なのは目に見えていて事実上管理組合的には黙認状態なところです。
それはあくまで「黙認」なだけで近隣から苦情でも出れば警告なども出さざるを得ない訳です。
どこか後ろめたく、肩身の狭い思いをしながら飼わなければなりません。
そんな目に見えない感情はりーにも伝わっていたと思いますし、申し訳なかったとも思っています。

そんな事情もありつつ大手を振って「さあ、新しいコを!!」という気分にはなれなかったのです。
そんな時にどこからともなく現れたシモンちゃん。
仔猫だから当然可愛いし元気いっぱいでした。
そんな元気いっぱいなコが突然様子がおかしくなり見た目に悲惨になっていきました。
目薬だけではもうどうにもならないと思える状態でした。
猫のお世話してくださるご夫婦が度々病院へ連れて行き戻している話などを聞いてりするうち、たとえ飼う事が出来なくてもほんの少し手助けをしてあげて元に戻してあげるという選択肢も有りなのかも?との思いが生まれました。
シモンちゃんと出会ってまだ日も浅いしチビキジちゃんほどの思い入れもまだ無い。
そうだ、元気にして戻してあげればいいんだ。
そう思ったら気が楽になり連れ帰りました。
結果、今に至るわけですが...

なんだ!飼えるんじゃん!ならチビキジちゃんも!!とお思いになった方も多い事でしょう。
実際、現状にびっくりしたのは一番私だったりするのです。
飼いたいんです!もちろん!!チビキジちゃんだって!
シモンちゃんもチビキジちゃんとなら仲良くできるし寂しくないでしょう。
二人寄りそう姿を想像していたりもします。
でもこれが今現在私が責任を持てる精一杯なのです。
シモンちゃんがそうであったようにこの先どうなるのかは自分でも想像がつきません。

これが今の私の気持ちです。
どうか暖かく見守って欲しいと思います。

シモンちゃんがうちのコになった事は後悔していないし、感謝しています。

長々お読みいただきありがとうございました。(^^)

ランキング参加しています。よろしかったらポチ!お願いします♪

にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ





| シモンたん | 18:21 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/10/16 23:05 | |

おはよう。(^^)
あっぴさんの気持ち、よーく伝わって来ましたよ。
私もその場にいたらきっと同じ気持ちになったでしょうし同じ行動をしたかもしれません。
私も昔ペット不可の賃貸物件に住んでいた頃まりを保護してて・・・
1年くらいで引越したけど、下の階に住んでいたのが大家さんでたぶんバレていたと思う。(^^;
ペットのためには飼い主側がペット可の場所に引越すべきだ、という意見の人もいるだろうけれど
なかなか簡単にそうできない事情もあるしね。

チビキジちゃんでなくシモンちゃんを保護したあっぴさんも間違いではなかったと思うよ。
その時あっぴさんが手を差し伸べなければシモンちゃんの命が危なかったんだから。
そしてもう手元に置いてしまったなら、何があっても最後までシモンちゃんと一緒にいて欲しいな。
頑張ってネ☆☆

| まりまお | 2008/10/17 08:03 | URL | ≫ EDIT

 最近、ブログの更新がないので心配してました。
あっぴさんの気持ちがよーくわかりました。
チビキジちゃんのことも飼えないのかなと思ってましたが、余計なお世話と思い、聞けませんでした。

 いろいろな思いのなか、シモンちゃんを飼ってあげたこと素晴らしいです。
 それにしても、シモンちゃん、すっかり家猫ちゃんになりましたね。

| tomumama | 2008/10/17 15:15 | URL |

こんばんは☆
あっぴさん、足大丈夫ですか??
早く治りますように^^
シモンたんはすっかりくつろいでますね~。
ますますかわいくなりましたね
猫好きとしては時間やお金や住まいなどの
条件が整えば、たくさんの困っている猫と暮らしたい
ですよね。でも現実にはなかなかそうもいき
ませんし・・・。
あっぴさんの葛藤もよくわかります。
我が家は3にゃんいますがやっぱり迎えるとき
迷いました。
あっぴさんがチビキジちゃんのこともとても
気にしてあげているのはみんなに伝わって
いると思いますよ^^
シモンちゃんと暮らすのが偶然ではなく必然
だったように、チビキジちゃんにも誰か
の必然が待ってるかもしれませんね。
(あっぴさんの可能性もありますね^^)

| たいくん | 2008/10/17 18:50 | URL |

コメントありがとうございます♪

鍵コメさん。
温かいお言葉ありがとうございます。
足の方もご心配いただきありがとうございます。もうすっかり大丈夫です。
色々悩ましい事も多いですが与えてもらった幸せを大事に過ごして行きたいと思います。

まりまおさん。
私のつたない文章から気持ちを汲み取っていただけて感謝です。
そうですね、何があっても一生シモンたんは手放しません。
例えば万が一今のうちに住めなくなったならりーの時も常にそういう思いでいましたが、シモンちゃん共々住める所に越す覚悟はしているつもりです。

tomumama さん。
ご心配いただいてすみませんでした。m(__)m
私の気持ちが少しでも伝わって良かったです。
シモンたん、もう最初からからうちのコだったかのような馴染みっぷりです。(^^)

たいくんさん。
足はもうすっかりいいです。後はリハビリとまでは大げさではないけど、まだ指が曲がらないので少しずつ動かしていけばいいかな?って感じです。
たいくんさんは先生さんのような高齢から引き取って、かなり悩まれたのではないかな?と勝手に想像しては、なかなか出来る事ではないなぁと尊敬しています。
でも先生さんも良いおうちに貰われて幸せだと思います。
必然...は必然な場所に必然な時にやってくるのでしょうね。








| あっぴ | 2008/10/22 12:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://appi2007.blog101.fc2.com/tb.php/229-5b46887f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。