りーの日記

愛猫りーの日記。 18歳11ヶ月で空に帰った愛するりー。 楽しい思い出、お外のにゃんこのことなど語っています。のらねこシモンたんがうちのコになりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 猫ブログへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まださかのぼった話




チビキジちゃんを膝から降ろしてシモンちゃんを抱き上げ鞄の中へ。
チャリの籠に入れた鞄のファスナーを閉め、一目散に我が家へ。
異変に気づいたシモンちゃん、やや声を上げて鳴き始める。
途中物凄い勢いで頭を突き上げモゾモゾと動き回る。
ファスナーが開いてしまいそうなのを片手で抑えながら
急いだ。


家に着いて鞄を開けると少し「ここはどこ?」という様子だったがそれ程動揺することもなく。
(実は具合の悪い方が勝っていただけなのかも?)
撫でていると疲れたのか詰まった鼻をゴーゴー言わせて寝てしまった。

パパりんが帰って来てしばらくは何と説明しようか、と自分の部屋にシモンちゃんを隠し様子を伺う。
しばらくして「実はね...」とシモンちゃんを抱いてご対面。
「飼うつもりじゃないんだけど、あまりに酷いんで病院に連れて行こうと思って...。
目薬とお薬でも貰って良くなったらまた戻してあげるつもり。」
そういって元気な頃のムービーや写真を見せてあげる。
「今日は私、仕事があるから明日病院に連れて行く。」

パパりんは何も言わなかった。

でもしばらくしたら、「りーたん!」と呼んでいた。
「りーたんじゃないよ、シモンちゃんって言うんだよ」
でも、私もつい口癖で「りーたん...じゃないやシモンちゃん!」などと言ったりした。^_^;

家に来てからも食欲も相変わらず旺盛で皿をも食う勢いで洗ったように綺麗!
うんぴも最初はちょっと柔らかめだけど少し形はあるのと下痢だったりと半々な感じだった。


次の日病院へ。

今回はりーの病院とは違う一番近所の病院へ行った。

この時はまだ飼うという前提に無かったので、
野良ちゃんでも見てくれる病院...という事と近いという事でこの病院へ。
他の病院もどんな感じか見てみたかったのもある。
ネットの口コミでは「ちょっと恐そうだけど実はとても優しい先生。」と書かれていて、
行った瞬間に、その通り(強面)で笑いそうになってしまった。

奥様に病院はどちらに行かれてるんですか?と、前もってリサーチした時この病院とリーの病院を上げていた。
「○○さん(りーの病院)」もいいんだけど遠くて、大変で...」
「あ、○○さんは私もそちらでお世話になってたんです」

病院にて・・・
「野良ちゃんなんですけどあまりに可哀相なんで目薬とお薬でも出してもらえないかと思って...」
先生は少し状態を診て
「カリシウィルスという感染症です、薬で...というのは対症療法でしかなく、症状を抑えるというだけになります。
治療するのにはインターフェロンというのを注射します。
これを一日おきに3回、それと目薬、これで治ります。ただ、お値段は高いです。」
余計な事は言わずとても的確にキビキビと要点を述べるという印象。
「おいくらなんですか?」
「一本8千円です」
「そうですか...じゃあ取り合えずお注射お願いします。」
「わかりました」
注射の用意をする時も、これがインターフェロンというもので...と見せてくれた。
「インターキャット」と書かれていた。免疫を高める効果があるらしい。
「えーと、体重は...2Kgですね」と溶液の分量を確認して、腰と背中に2本打った。
最後の方にびっくりしたのか痛かったのかシモンちゃんがちょっと飛び上がった。
「あーちょっと痛いね、もう終わり」
先生は優しく言っていた。ほんとだ、お顔とは違う^_^;

薬の効果は覿面だった。
帰ってきてしばらくして明らかに状態が楽になってきたのだろう、顔をあお向けて寝ていた。

まだつづく...


家に連れてきた頃。拭いてもガビガビがこびりついて取れない(>_<)



シモンちゃんを甲斐甲斐しく舐めてあげるチビキジちゃんの様子。
このすぐ後にシモンちゃんさらって来た。^_^;
動画でどうぞ


お世話するチビキジちゃん。


ランキング参加中です
ポチ!してくださると嬉しいです♪

にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ


にほんブログ村 猫ブログへ

| シモンちゃん | 02:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

保護直前のシモンちゃんは本当に大変な状況だったのねぇ・・・
今更ながらあっぴさんに保護されて良かったな、と思う次第です。(^^)
保護すると時間もお金もかかるけれど放っては置けない気持ちもよく分かるわ。
あっぴさん、頑張ってネ!!
チビキジちゃん、一生懸命お世話してなめてあげてたけど感染症だとちょっと心配ね。
みんな幸せな手で救い上げてもらえればいいけれど・・・

| まりまお | 2008/09/19 11:19 | URL | ≫ EDIT

まりまおさん。
そうなんです!もしかして逆にチビキジちゃんから移ったのかな?と思ったんですけど...仲が良かったし。
でも実際お外のコはほぼ間違いなく感染症にはかかっているというし...どのコから移ったかはわかりませんけどね。チビキジちゃんも出会った頃からずっと目やにくしゃみ鼻水で良くなったり悪くなったりなので自己免疫が出来てるのかな?と勝手に思ってるんですけど。
避妊手術の時に一ヶ月も入院してたっていうから、ワクチンもしてもらってるといいんだけど。(そこまでご夫婦につっこんで聞けてないの...^_^;)

| あっぴ | 2008/09/22 17:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://appi2007.blog101.fc2.com/tb.php/227-cec3273b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。