りーの日記

愛猫りーの日記。 18歳11ヶ月で空に帰った愛するりー。 楽しい思い出、お外のにゃんこのことなど語っています。のらねこシモンたんがうちのコになりました。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 猫ブログへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自宅皮下輸液奮闘記その2

26日一泊入院して帰宅、自宅皮下輸液してから食欲減退ぎみ
それまでは細々ながら上向きに見えていたのだが...

3:30ほたて1/2
10:45カニカマ1/2

どちらも手に乗せて鼻先に持っていったら仕方なくという感じで少し食べて「もういらないにゃん..」といわれて顔を背けられてしまった。
どうしたものか...トイレには自分で歩いて行ってる様子ではあるが面倒なのか間に合わないのか知らずに出てしまうのか布団にしてしまっている事もある。
でも出ないよりはいいのでそんな事は気にもならないけど。

19:40カニカマを持っていくと「あれ?ちょっと食いつきいいかも?」一本すんなりと食べた。ちょっと食欲戻ってきたかも?と急いでホタテ解凍...
持って行くと、お?催促してる?声なく口を開いて鳴いてる。
手に乗せ鼻先に持っていく...おーーー!!!でっかく口あけて食べてる!(ToT)
手の肉にまで食らい付いている(^.^)いいぞーぉ!1ヶ楽々完食!!
その調子だ!!

夜...もう夜だよね...皮下輸液そろそろしないといけないよね...(ー_ー)(ー_ー)(ー_ー)

21:30
皮下輸液完了。
はーーーぁ緊張した(・_・;)
でも、覚悟を決め心を鬼にして、おろおろ躊躇していたら失敗してしまう...と思い切ってやりました。
何の問題もなく済みました(^_^)v 所要時間5分くらいでしたよ。
りーたんも比較的大人しくしててくれて助かった。
多少動いても管さえひっぱらないようにすれば針は押さえてなくとも抜けてくる様子なんか無かった。体を押さえつけるより前に歩いて行かないように頭やアゴを撫でてあげて声をかけてあげてれば落ち着いてる。
昨日は針を押さえてた分固定されちゃって痛かったんじゃないのぉ?パパりん...(;一_一)
...と、ちょっと上から目線(^_^)v
ま、何にしろ昨日一緒にやったからこその成果だろうけども。
あー無事済んで安心したよ^_^;

輸液後の様子を覗き見



カメラが嫌で方向変えた^_^;



いい加減にしつこい...(わかってんならやめれ)




3:30ホタテ1/2
10:45カニカマ1/2
19:40カニカマ1ホタテ1
21:30皮下輸液100ml

にほんブログ村 猫ブログへ
スポンサーサイト

| 皮下輸液 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初!自宅皮下輸液奮闘記

昨日入院から戻ってからいまいち元気が無い。食事も帰って真っ先にあげたホタテもなめただけで興味が無い様子だった。
やっぱり家族の居ない空間で一日過ごすのは相当なストレスになっているんだろうと思う。
「こんな嫌なことばかりするとこに連れて来て置いてきぼりにして!(・へ・)」と怒っているのかもしれない。
腕の留置針も今日は外したそうだ。白いテープだけ貼ってある。
夜にはテープを取ってあげてくださいとの事。
病院で皮下輸液を一回してるので今日の夜もう一回してくださいとの事だそうだ。

日付が変わって仕事から帰っても「今日はほとんど何も口にしてないよ」とパパりんが言った。朝私があげた分はそのまま口をつけなかったそうだ。留守中は甘エビ1尾とホタテをあげてホタテはほとんど残っている。
病院行く前はホタテとか凄い勢いで食べてたのに...(ー_ー)
パパりんは私が帰ってから一緒に皮下輸液をしようと、寝ないで待っていた。
さあ!いよいよか...。
セッティングを済ませソファーに連れて行きりーたんを押さえる。
なんか嫌な気配を感じたらしく軽く唸っている。
「ああ、やっぱり嫌なんだ('_')←好きな訳ない」
針を刺した時は特別なんのリアクションも無かった。だけど異様に嫌がってもぞもぞと逃げようとする。ちょっと私の腕を噛むそぶりもした。歯がほとんど無いし、強く噛んでもないから痛くもなんとも無かったけど。あんまり嫌がるので
私「変なとこ刺さってんじゃないの?」
「そんなにぎゅっと針をずっと押さえてるから痛いんじゃないの?」
「そんなに押さえてなくてもいい筈だよ?」

りーたん押さえ役をしてるだけの私があれこれ横から言いたい放題言うので、パパりんが針から手を離したら針が抜けて液が漏れてしまった。
「ちゃんと刺さってなかったんじゃないの?!(`´)」
パパりん「ほら、押さえてないと抜けちゃうよ...こんだけ動いてるから押さえてないと」
私があれこれ口を出したせいで抜けてしまったのも棚に上げ
「抜けた針そのまま刺さないでよ!!(`´)」
...と、もう大騒ぎ!!(^^ゞ新しい針を用意する間にも
「もういいよ!今日はもうやめようよ!!」
と、完璧ビビリモードな私。
「あんまり長い時間かかったらりーたんが嫌な事と思っちゃうよ」
「なんでよ?そんなこと言ってたらいつまでも進歩しないじゃない。」
もっともだ...(ー_ー)
新しい針を刺した瞬間もりーたんは何のリアクションも無く。
「ほら、こんだけスッと入ってるんだからやっぱり押さえてないと動けば簡単に抜けちゃうんだよ」
今度はりーたんを押さえる手にもちょっと力を入れて...動かないように。(ちょっとは学習^^ゞ)
それでも逃げようとしている。
「病院では観念して大人しくしてるのに家だとやっぱわがままになって嫌だーー!!って言ってるんだよ」
そうだね、それだけ見た目よりは落ち着いているのかもしれないね。
そんなこんなでかれこれ15分位かかってしまった(^^ゞ。
「明日は夜にやってあげて」
「一人で?!(@_@;)」
「だからこうやって一緒にやってみてるんじゃない」
・・・ああ、そうですか...(ー_ー)!!
「途中でやめてもいいからとにかくやってみないと...」
・・・ああ、そうですよね...がんばります...(-_-;)

終わってりーたんは疲れたのか寝床に行ってすぐさま眠っている。
おつかれさま...。

27日
20:00ホタテ少し甘えび1尾
28日
0:50皮下輸液100ml

にほんブログ村 猫ブログへ

| 皮下輸液 | 03:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

皮下輸液

点滴通院から一週間が過ぎた。
結果は今のところ順調に見える。
ボチボチ自分で食べるようになってきたしトイレもさっき物音がしたので見に行くと自分で歩いて来てした模様。終わってからも歩いてまた寝床に帰っていった。
砂もきちんとかけてあった。
缶詰はまだひとくちふたくち舐める程度だけどお刺身、かにかまなどは食べれるようになってきた。ぎりぎり自分で食べてた頃くらいには戻ってきた感じ。
帰ってきてからまた、ほたてを1ヶぺろっと平らげて物足りなそうにしていた。
k/d缶(チキン)を試してみる。ちょっとお味見...ま、まっずーい!(ー_ー)!!
でもサイエンスシニアのチキン味はフツーに食べてたから...と、あげてみる。
すぐに口をつけ、食べだした。おっ!食べる?!やったー!!と叫びそうになったところで
「もういらないにゃん」とそっぽ向かれてしまった^_^;
そんなに上手くはいかないか...(^^ゞ
あとはずっと声が出ないみたいなのが気がかり。
さっき、ふと見たら頭をひっくり返し気味に寝てた(~o~)。だいぶ気分が楽になってきたんだろう。
4時頃見に行くと1時に出したk/d缶食べてある!!少し残ってるけど。「偉いねー」と撫でていると、なんとなく鼻をくんくんしているような感じなので鼻先にお皿を持っていくと残ってる少しもちょっと食べた。量にして一缶の1/5くらいかなぁ?凄い凄い!!!
また少し経って見たらほんのちょびちょび残ってたのも食べてお皿がきっれーいになってました\(~o~)/
7時頃、鯛のお刺身一切れをパパりんが持って行くとあわてて(笑)体を起こして食べてました。またもの足り無そうなので甘えびも1尾おかわりしてました。

しっこ(トイレにしてあった分)
昨日病院から帰ってから4回(直径8cm前後)

午前中病院へ。
皮下輸液の指導をしてもらう。
ネットなどで出ている自宅皮下輸液の映像など見ている限りほとんどすんなりと行われているのでそんなに心配していなかったのだが、いざりーたんがやってもらう所を目の当たりにするととってもビビッた(/_;)
背中の皮を持ち上げた時に「うー」とうなり、威嚇。いざ針を刺した瞬間には痛そうに、満足に出ない声で「に゛ゃあ゛ー!!」と鳴いた。やっぱり痛いんだ...(ToT)(そりゃ、当たり前だよね、あんなに太い針刺してるんだから)
声が通常の声ではないのでより一層悲壮感がたっぷり。
声の事を訊いたら、「こうなって(状況が)からですか?」とちょっと意外だったのか「体力が弱っている関係もありますし...」とちょっと考えながらなのか、わからないのか、言い辛いことなのか?とはっきりとはしない感じだった。
「そういうこともあるんですか?」と訊くと「そうですねぇ...」という感じだった。
今は取り合えず置いとくか。

液を入れている間もりーたんはモゾモゾと動き逃げようとしている。あんまり動くので終わりの方で針が少し抜けてきてしまったようで液が漏れてしまった。
これを自分で?りーたんに針を自分で?...で、できるのか?(;O;)
脱水の状況を調べるために背中の皮をつまむ時にとっても嫌そうにしていた訳がやっとわかった。トラウマだったんだね。
途端にちょっと萎縮モード...。いやいやダメだ、私がそんなことでは。頑張るしかない。

今日は皮下輸液と血液検査だけしてもらい帰宅することに。
前回下がっていたBUNの数値は少しだけ上がっていたがCreが下がっていた。
「BUN上がってるんですね?」と訊くと「一番重要なのはCre値の方なのでこちらを下げる事が必要です」と。
りーたんのここのところの急激な回復ぶりからもっと下がってるかも?と期待していたのでちょっと正直残念だった。そんなに簡単ではない。どこまでおバカなんだ自分。
だけど自宅皮下輸液を許可してくれたくらいだから結果は良好なのだろう(願)
家に帰ってすぐにりーたんはお水を飲みトイレに入った。
疲れただろうから少し寝かして落ち着いたらご飯あげるか...と自分のご飯を用意すると、りーたんが起きて来て自分のご飯の場所にちんまりと座って待っている。
「食べたいの?」とほたてと冷凍しておいたk/dの1/5を出してみる。バクバク食べる。
k/dは少し食べ、寝床に戻っていった。しばらくしてまた起きて来て食べてる。相変わらず缶詰はちょこっと食いなのね。じきにまたお皿綺麗になってた(~o~)
少しずつ食べ始めたので食事記録復活。

1:00ほたて、k/d缶1/5
7:00鯛1切れ、甘えび1尾
10:30ほたて1ヶ、k/d缶1/5
18:20刺身1切れ
21:50ほたて1ヶ

にほんブログ村 猫ブログへ

| 皮下輸液 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。