りーの日記

愛猫りーの日記。 18歳11ヶ月で空に帰った愛するりー。 楽しい思い出、お外のにゃんこのことなど語っています。のらねこシモンたんがうちのコになりました。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 猫ブログへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

家に帰ってきたりーたん

りーたんの写真。
どれを飾ろうかと思ってもなかなか写真がない。
りーたん写真大っ嫌いだったからね。

あっても目が光ってたり小さかったり暗かったり...。
一番お顔がドアップで映ってる最近の写真にしました。
大嫌いなカメラが真近に迫られてちょっと表情が浮かない感じだけれど...
(携帯だから光学ズームとか無いから近い近い...^_^;)

クリックすると大きくなるので見てあげてください。

家に帰ってきたりーたん
クリックで大きくなります



にほんブログ村 猫ブログへ
スポンサーサイト

| りーたん写真 | 10:57 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最後のお別れ

11日りーたんは手のひらサイズに小さくなって戻ってきました。

最後のお別れをして出てきたりーたんはとっても
骨も細くて、華奢だった。
うんちくんが小指3~4cmくらい残っていた。
亡くなってから体の毛をとかしてあげた時に肛門から少し見えていた。
苦しんだ時に力んで出たのかその前からだったのか...。
今となってはわからず。

亡くなってはいても、そこに姿がまだあるといつでもりーに触れられた。感じられた。
それも、今は無い。
本当にりーは居なくなってしまったんだ。

どれだけ泣いたら涙が枯れるんだろう?というくらい泣いた。
私ってこんなに涙出るんだ?
普段感情をあまり表に出す方ではないので自分でも意外だ。
何を見ても、何をしててもりーの事が頭から離れない。
りーの事を少しでも考えようものなら1秒経たずに涙が出る。
部屋に居ればりーたんの思い出ばかり。
でもずっと忘れない。忘れたくない。癖がある子だったから余計に可愛さひとしおだった。
特に高齢といわれる歳になってから性格が変わり、とても甘えんぼになり、私も仕事が変わって以前よりはりーと接する事が出来るようになり、互いの愛情もより深まっていった。
もう、りーのような子とは会う事が出来ないんだ。いや、りーはりーしかいないんだ。
そう思うと神様は何て残酷なんだろうと思う。
何で限りある命の生物を作ったんだろう?と。そんなことを延々と考えてしまう。
後悔しないように、と行動してきたつもりなのにやっぱりあの時こうしていれば...もしかして...という考えが浮かんでしまう。
そして苦しんだ姿が頭から離れない。
安らかに眠るように逝かせてあげたかった。

最後のお別れだね...
クリックで大きくなります



お別れの握手
クリックで大きくなります



にほんブログ村 猫ブログへ

| りーたん写真 | 02:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幸せなひととき

陽の光を浴びて寝ているりーたん。

珍しく熟睡している姿を見た。声をかけてもすぐには起きない。
最近は何かにじっと耐えるかの如く一点見つめてたり、目を閉じてても覗きにいくとすぐに目を開けてこっちをみたりとあまり眠れてないんじゃないのかな?という感じなのだけれどこんな姿が見れると安心する。
あくびする姿なんて久しぶりに見た。
こうやってみるとふつーの健康にゃんこだね♪

恒例覗き見タイム



起こしちゃった(^.^)口元注目!!なんか笑える...



激写!!最近ではこんな姿も珍しい



また寝る




5日
1:10カツオ1切れ
5:00ホタテ1/2甘えび2
6:00皮下輸液100ml
9:40生牛肉4g
12:30ホタテ1ヶ10g
18:35カツオ10g
22:00ホタテ1ヶ12g

しっこ6回


にほんブログ村 猫ブログへ

| りーたん写真 | 01:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元気になってきたね♪

通院の車の中。

「ねぇまたあそこ行くの?」



くんくんキョロキョロ



あれは何だ?!



ハー・・・




くんくん...




ねぇやっぱ行くのやめない?...




元気になってきたようでバスケットの中でもそもそ方向変えたりキョロキョロソワソワ落ち着き無かった^_^;
どうしてもカメラ向けると顔そむけちゃうから写真は難しい。
なのでムービーをキャプチャしたので画像悪いね^_^;


にほんブログ村 猫ブログへ

| りーたん写真 | 01:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

願い

18日午前中に病院が開く頃また連れて行った。
行く前に自分からトイレでおしっこをした。
えらいぞ!行けと言った訳ではないのに、出かける気配を感じたか?
バスケットに入れるとまた嫌な思いするとわかったようで鳴いている。
また閉院まで点滴をしてもらう。

迎えに行くと昨日よりはおびえた様子や興奮もなく多少慣れたのか?
表情も昨日より幾分普通な感じだ。
少しは楽になってきたのか?
しきりに鳴いている。鳴く元気があるならまだ安心だ。

今後の対策としてやはりBUNの値を下げるために点滴をし続けて腎臓の負担を軽くしてあげてなんとか食事できるところまでくれば自宅でも皮下輸液をして、点滴と平行する。と言う感じ。
自宅で静脈点滴はできないものか?と尋ねると点滴の量や速度などの管理が難しいし時間も要するので無理でしょうとのこと。
ネットで色々情報検索していると自宅で行っているというのも目にするので訊いて見たのだがこの病院ではお勧めしない方針のようだ。
自分で針を刺す皮下輸液と違って静脈点滴は針はもう刺さっているので簡単ではないのかと思ったのだが、そういう方針なら仕方が無い。
ほんとなら入院して集中的に入れられれば効果も早いのかもしれないけど、やっぱりリーたんの精神的ストレスも心配だし、何しろ恥ずかしい話、金銭的に厳しいというのが正直なところ。もっと裕福な金に糸目はないぜ!良いと思うことは何でもしてください!的な家庭にいればこんなに苦しませることはなかったかもしれない。

家に帰ると自分でバスケットから歩いて出てきた。
少しふらついているが昨日程ではない、よかった。
すぐにトイレに入りおしっこをしてそのまま、またトイレに腰を下ろしてしまったので足が少し濡れてしまった。すぐにトイレから出してマットに横に寝かせた。

昨日は帰ってから落ち着きなかったけど、落ち着いている。

がんばれ!鉄人(猫)りー!!

今日のリストバンドもかわいいね。
先生も気を使ってくれてるんだね




じっとカメラかまえてたら気配に振り返った^_^;




にほんブログ村 猫ブログへ

| りーたん写真 | 02:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。